ネコの爪切り

    0
      未だ「ネコは爪を研ぐから家が傷む」という理由でネコの同居を認めない賃貸住宅が多いのは事実。「小さな犬OK」という広告を見て、「ネコもOK?」と聞くと上記の理由で断られるそうです。

      ネコには「爪研ぎをして良い場所」を覚えてもらいましょう。

      「爪切除」や「深趾屈筋腱の切除」手術をすれば、爪の引っ掻きによる被害がなくなる、と勧める獣医さんがいます。
      ネコの「爪切除」や「深趾屈筋腱の切除」手術にはどんなメリットがあるのでしょうか?メリットがあるのは、家や家具や皮膚を傷つけられないという人間側だけです。

      爪を抜く手術は非常な苦痛を伴うそうです。両手両足の爪を全部抜かれてしまったネコはしばらく歩くことはおろか立つこともできません。
      ネコは自分の意志で自在に爪を出したり引っ込めたりします。ネコが爪を出すときにはそれなりの意味があるのです。その爪を飼い主の都合だけで抜いてしまったら…ネコの強い本能的な衝動を満足させられない精神的ストレスやショックを起こすリスクが大きい気がします。

      どの程度の間隔でネコの爪を切っていますか?
      もし爪を研がれても、爪切りを行っておくと被害を最小限に止めることができます。

      子ネコは老ネコに比べると爪が早く伸びます。
      同じ足の爪でも1ー2本だけ、それも片手だけ長い事もあります。ネコの爪はよく使い、よく爪とぎをした方が伸びるのが早いのでご自分のネコの爪を観察して、その子にあった対応をしてあげてください。



      プロ愛用の安全爪きり! レスコ 爪きりDX
      プロ愛用の安全爪きり! レスコ 爪きりDX

      ハリー・ポッターと謎のプリンス

      0
        最近気になっている本。
        5月の発売日が待ち遠しい「ハリー・ポッター」の6作目です。







        今日の小次郎

        0



          これ何かな??

          それは私のベルトです!
          ファーが付いていた為、小次郎のオモチャになってしまいました・・。ぶー

          猫の毛のお手入れ

          0
            ネコのお手入れで常日頃欠かせないのは、コーミング。
            コーミングとはクシ(コーム)を使って毛を梳かすことです。

            単にクシで毛を梳かして抜け毛を取る、毛玉を防ぐだけでなく、
            飼い主がネコの全身を触ることによって、もし身体のどこかに異常があれば
            早期発見することができます。

            長毛ネコは必ず人間が手入れを手伝う必要があると覚悟してください。セルフグルーミングだけでは毛玉ができてしまいます。最低でも週に2〜3回は必要。換毛期には毎日やってあげたいですね。

            短毛ネコであればセルフグルーミングに任せておくだけで、飼い主が手を貸す必要はあまりないかも知れません。しかし、短毛種でも換毛期にはコーミングをして、抜け毛を取る手助けをしてあげましょう。セルフグルーミングだけに任せておくと、胃の中に毛が溜まってしまう毛球症などを起こす可能性が高くなるので要注意です。



            プロDXねこ用豚毛ブラシforCATS0325アップ祭2
            プロDXねこ用豚毛ブラシforCATS0325アップ祭2



            定期的なコーミングはクシをあまり寝かさずに(毛の根本まで入れずに)柔らかく梳かすだけで十分です。
            最初は目の粗い方のクシを使い、スムーズに通るようになったら細かい目の方で仕上げます。
            毛は一気に梳かそうとしないで、少しずつ分けて毛先から徐々に梳かした方がネコは嫌がらないでしょう。

            よく「ネコ用」と書かれたブラシ(豚毛やラバーブラシ、スリッカーブラシなど)が売られていますが、ガイドは長毛種にはあまりお勧めしません。 ネコの毛は非常に柔らかく、ちょっとした摩擦で切れやすいので、クシを使ったお手入れの方が無難だと思います。

            短毛種にはクシ以外に柔らかめの豚毛のブラシを使用しても良いでしょう。また、短毛種独特の毛のつやを出すために、セーム皮で体を拭いてあげる奥の手もあります。
            常日頃は手をちょっと水で湿らせて、それで体を撫でて無駄毛を取るだけでも良いでしょう。

            お手入れ

            0
              これからネコとの生活をスタートされる方の中には、「ネコってお手入れが大変じゃないの?私に飼えるかしら?」とご心配されるかも…。
              ネコにはどんなお手入れが必要でしょう?

              お手入れをすることで、飼い主はネコの体を自分自身の手や、目で確認できます。もし仮に異常があれば、早期発見ができるわけです。
              ですから、お手入れは「きれいにする」だけではなく「健康状態をチェックする」大切な日課ともいえるでしょう。

              またスキンシップは心地良いリラックスタイムとなり、飼い主とネコとの絆をより深めてくれるでしょう。

              ■ネコは元々きれい好き!

              ネコは元々セルフグルーミング(毛繕い)する動物です。短毛種に限れば毛に関してはネコ自身できれいにしてくれるので、換毛期以外はそれほど手がかからないでしょう。
              しかし飼っている、これから飼おうと思っているネコが長毛種であれば、かなりのお手入れが必要だと覚悟してください。

              ネコの日常的なお手入れ 〜基本〜
              ・コーミング(クシを使って毛を梳かす)
              ・耳掃除
              ・爪切り
              ・目と目の周りのケア
              ・口の中と歯の手入れ
              ・お尻周りの手入れ
              ・シャンプー
              などがあります。



              calendar

              S M T W T F S
                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              262728293031 
              << May 2019 >>

              profilephoto
              ■なまえ=小次郎♂
              ■年齢=15才
              ■職業=キジトラ猫
              ■特技=暴れんこ




              オススメ商品

              selected entries

              categories

              archives

              links

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM